テーマ:

本州一不便な?裁判所

・・・本州広しといえども、これほどまでに交通不便な裁判所があるのだろうか?と思えるような地裁支部が、茨城県の南部に存在する。水戸地裁麻生支部がそれである。  筆者は以前、「麻生支部の管轄地域には弁護士が一人もいない」という新聞記事を読んだ記憶があり、いつかは行ってみたいと思ってはいた。とは言え、いざ行こうとしても裁判所へ向かう交通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アニメキャラの「聖地」?

・・・富山県は藤子不二雄(藤本弘・安孫子素雄両氏)の出身地として知られ、県内各地では両氏が生み出した漫画のキャラクターを見掛ける事が出来る。  とりわけ、藤子不二雄A(安孫子氏)の生家がある氷見市の商店街には、同氏の代表作となった漫画キャラの他、これまた同氏が考案した地元キャラ等が所々に飾られており、道行く人の目を楽しませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑のひととき

・・・さしもの「神の使い」も連日の暑さにはかなわない、といった所か。     (8月8日:奈良公園前の道路脇にて)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の車窓から②

・・・広島県東部と北部を結ぶJR福塩線(福山~塩町78.0km)の途中駅に、妙に大きな人形が飾ってあった。  筆者が自分で撮った写真を手掛かりにネット検索してみた所、ここは「備後矢野駅」だった事が判明。この駅は構内にうどん・そばの店がある事でも知られており、鉄道ファンの中ではかなり有名な駅だったようだ。  しかも、駅の管理と店を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル線の車窓から①

・・・中国山地の山あいを縫うように走るJR木次線(宍道~備後落合間81.9km)は、JR西日本では最も標高の高い駅(三井野原・標高726m)がある事でも知られている。  その一番高い三井野原駅から、三段式スイッチバックのある出雲坂根駅へ向かう途中に列車の車窓から見えるのが、ループ方式の道路としては日本一を誇る「奥出雲おろちループ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪の札幌

・・・筆者が11月中旬に北見市へ訪れた際、地元のニュースでは「ササラ電車が去年よりも15日早く出動」と報じていた。筆者のいた北見市周辺は全く雪が降っていなかったにも拘らず。  札幌気象台の情報によると、11月中旬は例年よりも多い積雪量に見舞われていたものの、12月は極端に増えた訳ではないようでもある。ただ、筆者が滞在していた2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星降る「秘境駅」?

・・・昨年12月末の中国地方は山間部で大雪に見舞われ、帰省ラッシュの足にも少なからず影響が出たと各メディアで報じられている。  そんな折、筆者は数年前から目標としていたJR三江線の宇都井駅にようやく到達。島根県と広島県の県境にある宇都井駅は、一日4往復の列車しか来ない秘境駅として、また地上からホームまで30mもある高架橋駅とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ見えぬ「秋」

・・・先週の9日、筆者は「18きっぷ」の残り分を使って奥久慈(茨城県大子町)へと足を運んだのだが、山深い地域にも拘らず、まだまだ秋の雰囲気は感じられなかった。  筆者は公共交通機関を利用して水戸→常陸大子→袋田→滝→袋田→水戸という経路を辿った。しかしこの場合、袋田駅から滝までの道を40分以上も歩かねばならず、バスの便…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かすむ「最南端」?

・・・JR指宿枕崎線(鹿児島中央~枕崎間 87.8km)の西大山駅は、かつては「日本最南端の駅」として有名だった。しかし、03年に沖縄都市モノレールが開業。日本最南端の座を赤嶺駅に明け渡した為、現在は「JR日本最南端」と表記を改め、現在に至っている。  筆者の訪れた日は梅雨時の平日だったせいもあり人影はまばらだったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知られざる「名刹」?

・・・仙台市の人里離れた奥地にぽつんと存在する定義如来(じょうぎにょらい 正式名称:極楽山西方寺)は、観光客にはあまり知られていないものの、仙台周辺では絶大な庶民信仰を集める名刹らしい。  そもそも定義如来の名は、平貞能(さだよし)が源氏の追撃を逃れる為に自身の名を「定義」と改めて隠れ住んだ事に由来するらしいから、ある意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野毛山のアイドル?

・・・横浜市西区にある野毛山動物園で飼育しているレッサーパンダの中に、「キンタ」という名のメスがいる。  これは元々生まれた時はオスだと思われていたのが、成長するにつれて実はメスだった事が判明した結果、名前だけそのまま残ってしまったからだとか。  「名前がかわいいから」という理由で残したとの説明も書かれていたが、「キンタ」と呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総機関車 安房へ行く!?

・・・2月の3,4日と10~12日限定で運行される蒸気機関車D51牽引の特別列車は、大きな煙を吐いて木更津~館山間を快走している。    筆者は浜金谷駅でD51(デゴイチ)の到着を待ったが、駅周辺には数百人の人がカメラを構えて詰め掛けているという騒ぎだった。  下り特別列車は時折汽笛を鳴らしながら10:48頃に浜金谷に到着。下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯坂温泉の「長い冬」

・・・以前、筆者が草津温泉を紹介した時にも少し触れたが、バブル経済崩壊後の団体客の大幅減少のあおりを受けて多くの温泉地が衰退の一途を辿っている。まさに「温泉はあれども客は無し」という状況が、全国の観光地に暗い影を落としているのだ。  つい先頃には代表的な温泉地の一つである熱海市の市長までもが”財政再建団体入り”の可能性を示唆した事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散在ガ池の不思議

・・・鎌倉市の北部に位置する、散在ガ池の歴史は古い。  1869年(明治2年)に農業用水の確保の為、当時の名主達が協力して称名寺の山の谷あいに土俵などで堰を作り、水を貯めたのが起源であると言う。名前の由来は、3ヶ村の持山がこの辺りに分散してあった事にちなむが、当時は池が小さく、水争いが絶えなかった為、昭和の時代に水利組合が…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

中小私鉄探検の旅(紀州鉄道)

・・・紀勢本線御坊駅のある和歌山県御坊市は、「南高梅」で知られる品質の高い梅や、「有田みかん」で知られるみかんの産地に近く、一年を通じて温暖な気候に恵まれている。また、市内を流れる日高川の河口付近には関西電力御坊火力発電所もあり、その影響(電源立地対策交付金等)もあってか近代的な建物もちらほら目立つのだが、人口自体は減少(若しくは停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more