検察審査会の議決要旨(申立9号)

・・・本件は、新年早々1件目となる「不起訴不当」案件である。被疑者については昨年5月に「余罪数十件か」と一部で報道されており、本件以外では既に起訴されているようだが、残念ながら筆者は該当する公判を傍聴出来ていない。 --------------------------------------------------------…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(1月18日・横浜地裁)

・・・この日は、4件の特殊詐欺に加担したとして逮捕された被疑者の勾留理由開示が201号法廷(担当:竹内久美子裁判官)で開かれた。被疑者は容疑事実を認めており、保釈を求めるのが目的ではなく、接見禁止となっている知人女性に会いたいが為に開示請求をした様子が窺えた。勾留理由開示を傍聴していると、こうした目的で開示請求をする被疑者をたまに見…
コメント:0

続きを読むread more

最後の一言(40)

「厚生労働省には、指定薬物リストを常にアップデートして欲しい」 ・・・氏名不詳者と共謀し、昨年5月と7月にオランダから指定薬物(メチルメトカチノン)合計20g余りを密輸しようとしたとして、医薬品・医療機器法違反、関税法違反の罪に問われた被告が20年12月16日に行われた公判の最終陳述で述べた一言である。  筆者がこの被告と御…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(1月14日・横浜地裁)

・・・この日は、金融商品取引法違反の罪に問われた法人(ナイス株式会社)と元役員2人の被告の公判が101号法廷で開かれた。午前中に行われた論告で、検察側は「平田被告の法規範軽視の態度は著しい。日暮被告の関与は従属的だが、代表取締役としての責任は重い」などとして、平田被告に懲役2年6ヶ月、日暮被告に懲役1年6ヶ月、会社に罰金1000万円…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(1月13日・横浜地裁)

・・・この日は、90歳の祖母の首を絞めて殺害したとして殺人の罪に問われた被告の第1回公判(裁判員裁判)が506号法廷で開かれた。罪状認否で被告は「間違いないです」と起訴事実を認めたが、弁護側は「犯行当時は精神障害で心神耗弱状態だった」などと責任能力について争う構えを示した。本件については、簡易鑑定とその後に行われた精神鑑定とで判断が…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(1月12日・東京地裁)

・・・この日は、午前中に813号法廷で傷害の罪に問われた被告の判決が言い渡される予定だった。しかし、裁判所が職権で弁論を再開して検察・弁護側双方に釈明を求めた結果、次回公判で論告をやり直す事態となってしまった。裁判所は3月中に判決を言い渡す意向を示したものの、こうなってくると「もうひと波乱あるのではないか・・・」などと疑ってしまう筆…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(1月8日・東京高裁/東京地裁)

・・・この日は、午前中に高裁で3件の公判が開かれた。1件目は偶然にも筆者が横浜地裁で傍聴して本欄でも取り上げた案件だったが、被告本人は不出頭で弁護側から証拠の取調べ請求も無かった為、審理はたった2~3分で終了。判決は2月5日に言い渡される予定となったものの、控訴棄却は確実の情勢である。  【本欄過去記事→https://0-345…
コメント:0

続きを読むread more

最後の一言(39)

「今まで何回も刑務所に入っていましたが、どうぞ寛大な処置をお願いします」 ・・・19年12月30日に横浜市都筑区の東山田郵便局へ拳銃のようなものを持って押し入り、職員を脅して現金102万円余を強奪したとして、建造物侵入・強盗などの罪に問われた桂田照彦被告が20年10月14日に行われた公判の最終陳述で述べた一言である。  検察…
コメント:0

続きを読むread more

検察審査会の議決要旨(東京第六)

・・・本件は、日本中の誰もがご存知の「起訴相当」案件である。この議決要旨を素直に読む限りに於いては、どう考えても黒川氏は「ギャンブル依存症」であると言わざるを得ず、もはやリーチがかかっている現時点でも早急に専門の医療機関へ行って治療を行うべきである、と筆者は強く勧める次第。  ちなみに、今回の議決要旨には、本文中に「賭け麻雀」…
コメント:0

続きを読むread more

20年の記録

・・・2020年の筆者は、混沌とする社会情勢の中でも傍聴日数を着実に重ねる事が出来た反面、注目していた多くの判決を見逃してしまったのは何とも悔やまれる。 ☆傍聴日数・・・91日 ☆傍聴した事件数・・・352件(うち裁判員裁判28件)  〔判決公判のみの傍聴も含むが、同一事件の公判を何回傍聴しても「1件」で計算している…
コメント:0

続きを読むread more

きょうは「御用納め」

・・・顧みれば、日本のみならず世界中が新型コロナウイルスに翻弄された2020年となったが、12月28日の御用納めを以って今年の裁判は全て終了。  横浜地裁は刑事の公判が1件も無かったのに対し、東京地裁は7件あった。しかし、朝一番の判決(1件)以外は全て小さい法廷(726号・828号)で行われた為、筆者は結局1件も傍聴出来なかった。…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(12月21日・横浜地裁)

・・・この日は、強制わいせつ致傷などの罪に問われた被告の裁判員裁判が403号法廷で開かれ、論告で検察側は懲役6年を求刑。弁護側は「被害者の怪我に関する診断書や報告書が存在せず、衣服にキズや汚れがないのも不自然」などと強制わいせつ罪のみに留まると主張して結審した。  本件の判決は1月8日に言い渡される予定となったが、情報によると別件…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(12月16日・横浜地裁)

・・・この日は裁判員裁判が3件行われ、うち2件が新件だった。403号法廷では、強制わいせつ致傷などの罪に問われた被告の第1回公判が開かれ、罪状認否で被告は「被害者を引き倒して怪我をさせていない」などと述べて起訴事実の一部を否認し、弁護側も「2件の強制わいせつについては争わないが、強制わいせつ致傷については争う」と主張した。その為、今後は…
コメント:0

続きを読むread more

検察審査会の議決要旨(申立12号)

・・・本件は、今年に入ってから6件目となる「不起訴不当」案件である。下記の通り、スーパー店内で発生した極めて稀な事案であり、筆者からすると検察官が不起訴処分にしたのも無理からぬものがある、と言わざるを得ない。しかしながら検察審査会でこういった議決が出た以上、検察庁は起訴するのか否かを今一度、じっくり吟味すべきではあるまいか。 --…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(12月14日・横浜地裁)

・・・この日は、裁判員裁判が3件予定されていたものの、いずれも午後からの開廷だった。その為か、午前中の公判はたった1件のみだった。 ①事件番号:令和2年(わ)第926号  罪 名:毒物及び劇物取締法違反  判 決:懲役10ヶ月・執行猶予3年  担 当:梅本裁判官(単独)  概 要:被告は今年の6月に横浜市中区山元町…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(12月7日・横浜地裁)

・・・この日は、午前中の公判が少ない上に裁判員裁判の予定も無かった為、庁舎内も閑散とした雰囲気だった。 その一方、午後から502号法廷で開かれた住民訴訟の口頭弁論には多くの横浜市民が訪れ、傍聴席は満席となっていた。  【本欄過去記事→https://0-3459.at.webry.info/202006/article_6.htm…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(11月30日・横浜地裁)

・・・この日は、今年の8月にフランスから大麻4.75gを航空便で密輸しようとしたとして、麻薬特例法違反などの罪に問われた被告の公判が405号法廷で開かれていた。この被告はこれまで前科1犯・前歴1件を有しているのだが、いずれも大麻所持の事案だったとの事。どうも被告は、大麻のみに依存・執着する傾向があるようで、この日の最終陳述でも「頭の…
コメント:2

続きを読むread more

きょうの判決(11月27日・横浜地裁)

・・・この日は、収賄の罪に問われた林野庁関東森林管理局の元所長・増田茂被告の公判が402号法廷で開かれた。論告で検察側は「被告人の弁解は、およそ不自然・不合理で、賄賂の認識があったのは明らか」などとして、被告に懲役1年6ヶ月・追徴40万円を求刑。対する弁護側は「不適切な事務処理は業者への便宜供与ではなく、金員との対価性を認識していな…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(11月18日・東京高裁/東京地裁)

・・・この日は、筆者も久し振りに東京高裁・地裁の公判を傍聴する事が出来た。ちなみに、下記の④では開廷前に法廷通訳が書記官に具体的な判決内容を確認した為、言い渡し前に「控訴棄却」が分かってしまうという珍事があった。 ①事件番号:令和2年(う)第1137号  罪 名:詐欺  判 決:控訴棄却(未決勾留日数80日算入)  …
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(11月16日・横浜地裁)

・・・この日の午前中に言い渡された①は、筆者からするとそれほど大きく報道されていたという印象は無いのだが、開廷前に法廷内撮影が行なわれた上に記者席も5席用意されるという扱いだった。 ①事件番号:令和2年(わ)第1319号   罪 名:業務上横領   判 決:懲役4年(未決勾留日数30日算入)   担 当:野村裁判官(単独) …
コメント:0

続きを読むread more