きょうの判決(4月30日・横浜地裁)

・・・この日は、連休前の月末だったせいもあってか、予定されていた23件の公判のうち判決が14件もあった。 ① 事件番号:令和2年(わ)第1936号等  罪 名:麻薬及び向精神薬取締法違反、覚醒剤取締法違反  判 決:懲役3年6ヶ月(未決勾留日数90日算入)・罰金30万円  担 当:青沼潔裁判官(合議)  概 …
コメント:0

続きを読むread more

度が過ぎた「過ち」? [東京地裁 令和元年特(わ)第3140号等]

・・・両名で共謀し、19年10月31日に岡山市北区伊島北町のマンション自室で覚醒剤や大麻、MDMAを所持した上、同年10月17日には米国サンフランシスコ国際空港から大麻やコカインをリュックやスーツケースに詰めて日本国内へ持ち込もうとしたとして、覚醒剤取締法・関税法違反等の罪に問われた2人の被告(Y、M)の判決公判が4月27日に東京地…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月27日・東京高裁/東京地裁)

・・・この日の東京は、高裁27件・地裁78件・簡裁11件の公判が予定されていた。地裁では、世間の注目を集めた事件の公判が多数行われていたものの、筆者は個人的に注目していた公判ばかりを傍聴していた。 ①事件番号:令和元年(う)第2194号  罪 名:器物損壊  判 決:破棄自判 懲役8ヶ月(未決勾留日数150日算入) …
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月26日・横浜地裁)

・・・この日は、キャバクラ店の元従業員と共謀し、19年12月に横浜市西区南幸のキャバクラ店事務所へ侵入して支配人に暴行した上で現金224万円余を強奪したとして、強盗致傷などの罪に問われた被告の公判(裁判員裁判)が405号法廷で開かれた。本件については、共犯者の証人尋問が何らかの事情で遅延した為に今日の午前中まで被告人質問が行われ、論…
コメント:0

続きを読むread more

判決速報 4月26日

・・・傍聴された方からの情報によると、覚醒剤取締法違反・関税法違反の罪に問われた被告(外国人)の判決公判で、東京高裁の近藤宏子裁判長は「密輸の故意を認めるのには合理的な疑いが残る」などとして逆転無罪を言い渡した、との事。
コメント:0

続きを読むread more

藪から出た「大麻」? [横浜地裁 令和3年(わ)第184号]

・・・今年の2月3日に横浜市戸塚区上倉田町の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の罪に問われた被告の公判が4月22日に横浜地裁で開かれ、罪状認否で被告は起訴事実を認めた。  冒頭陳述で検察側は、被告は16年頃から大麻の使用を繰り返していた事や、異種前科が1犯ある事などを明らかにした。続いて行われた被告人質問で、犯行動機を問われた…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月22日・横浜地裁)

・・・この日は、キャバクラ店の元従業員と共謀し、19年12月に横浜市西区南幸のキャバクラ店事務所へ侵入して支配人に暴行した上で現金224万円余を強奪したとして、強盗致傷などの罪に問われた被告の第1回公判(裁判員裁判)が405号法廷で開かれた。ちなみに、午後からは既に懲役7年を言い渡されている共犯者の男が証人尋問として出廷する予定だっ…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月20日・横浜地裁)

・・・この日は、いわゆる特殊詐欺で受け子・出し子役をしたとして、電子計算機使用詐欺などの罪に問われた被告(21歳・女)の公判が403号法廷で開かれた。「当時の勤務先が暇で、ホスト通いを繰り返しているうちに金を使い果たした」などと捜査段階で述べていた被告は、昨年4月からべらぼうな件数の特殊詐欺に加担していた為、昨年8月13日の第1回公…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月19日・横浜地裁)

・・・この日は、全部で19件の公判が予定されており、判決も4件あった。今週からは裁判員裁判も予定されており、大型連休前にどの程度の件数が処理されるのか筆者は密かに注目している。 ① 事件番号:令和3年(わ)第202号  罪 名:出入国管理及び難民認定法違反  判 決:懲役1年6ヶ月・執行猶予3年  担 当:児島章朋…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月16日・横浜地裁)

・・・この日は、仲間と共謀して昨年12月に横浜市保土ヶ谷区坂本町の高齢者宅へ警察官を装って侵入し、住人の男性らに手錠をかけた上で現金1200万円とキャッシュカードを強奪したとして、住居侵入・強盗などの罪に問われた被告の第1回公判が404号法廷で開かれた。罪状認否で被告は起訴事実を認めたものの、追起訴が予定されていた為に冒頭陳述までで…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月15日・横浜地裁)

・・・この日は、全部で17件の公判が予定されていた。506号法廷では、回転式拳銃2丁を所持していたとして火薬類取締法違反・銃刀法違反などの罪に問われた被告の公判が開かれたものの、責任能力についての書類を弁護側が提出し、それを受けて裁判所が「資料を吟味する必要がある」とした為、審理は10分程度で終わってしまった。 ① 事件番号:…
コメント:0

続きを読むread more

検察審査会の議決要旨(申立4号)

・・・本件は、昨年12月15日に本欄で取り上げた議決要旨の再審査案件である。  【本欄過去記事→https://0-3459.at.webry.info/202012/article_2.html】  下記のとおり、昨年は「不起訴不当」とされていたのにも拘らず、今回は「不起訴相当」となっている所に注意を要する。しかも、不起訴相当とし…
コメント:0

続きを読むread more

判決速報 4月13日

・・・傍聴された方からの情報によると、西武池袋線の電車内で痴漢をしたとして都条例違反の罪に問われた被告の判決公判で、東京地裁の村山智英裁判官は「被害者が犯人を取り違えた可能性がある」などとして無罪を言い渡した、との事。
コメント:2

続きを読むread more

きょうの判決(4月13日・横浜地裁)

・・・この日の公判は、全部で9件が予定されていた。年度が替わり、まだ本格的に始動したとは言い難いが、今回着任した第2刑事部の角谷裁判官と第5刑事部の児島裁判官が早速、法廷で審理を担当していた。 ① 事件番号:令和2年(わ)第1905号等  罪 名:窃盗  判 決:懲役2年・執行猶予4年  担 当:青沼裁判官(単独) …
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月12日・横浜地裁)

・・・この日は、14:00から神奈川県に対して運転免許取消処分の取消を求めた行政訴訟の口頭弁論が502号法廷で開かれた。何故、筆者が本件に注目したかと言えば、原告は過失運転致死の罪で禁固1年10ヶ月の実刑判決を言い渡されたものの、昨年10月30日に東京高裁で差戻し判決を受けていた被告人だったからに他ならない。そして案の定、裁判長は原…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月9日・東京高裁)

・・・この日の東京は、高裁6件・地裁2件・簡裁1件の公判が予定されていた。筆者は昨日に引き続き、午後から104号法廷の公判(収賄、組織的犯罪処罰法違反)を傍聴した。 ①事件番号:令和2年(う)第1895号  罪 名:窃盗  判 決:控訴棄却  担 当:藤井裁判官(合議)  概 要:被告は氏名不詳者らと共謀し、警察…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月7日・横浜地裁横須賀支部)

・・・この日の横須賀支部の公判は、判決1件のみだった。 ①事件番号:令和3年(わ)第7号等  罪 名:覚醒剤取締法違反、大麻取締法違反  判 決:懲役2年6ヶ月(未決勾留日数30日算入)  担 当:佐藤裁判官(単独)  概 要:被告は昨年10月下旬から11月12日までの間、横須賀市走水の自宅で覚醒剤を使用した上、今…
コメント:0

続きを読むread more

きょうの判決(4月7日・横浜地裁)

・・・この日の公判は、11:00から開かれた下記の1件のみ。どうも今週に関しては、公判前整理等に時間を費やしている様子も窺える。 ① 事件番号:令和3年(わ)第36号  罪 名:公務執行妨害  判 決:懲役8ヶ月(未決勾留日数30日算入)  担 当:景山裁判官(単独)  概 要:被告は今年の1月7日に横浜市金…
コメント:0

続きを読むread more

今年の定期異動 (横浜地裁刑事部)

・・・今年の定期異動についてはコロナ禍の影響も懸念されていたが、結局は通常通り行われた。横浜の刑事部では部総括が全員留任する一方、3部の右陪席が増員となるなど今後に含みを持たせる配置となった。  [横浜地裁から離任した刑事部の裁判官]  ・開發礼子判事(1部)→最高裁調査官 ・横倉雄一郎判事(2部)→福岡高裁那覇支部 ・…
コメント:0

続きを読むread more

とある政治家の「格言」?

 「選挙というのは地元が大事。地元票を固めるのが鉄則」  「中選挙区ではトップ当選が大きい。地域での信頼感が大きくなり、議会でも一目置かれる効用はある」  「お金を差し上げる時には、今の政治的立場、将来の関係性などを思い重ねながら差し上げるのが普通」  「政治的行事が何も無い時に他の選挙区へ出かけていくのは、かなり警戒される」…
コメント:0

続きを読むread more