きょうの判決(3月5日・横浜地裁)

IMG_20210305_070722.jpg

・・・この日は午後から、わいせつ略取・身の代金略取などの罪に問われた木村功被告の公判(裁判員裁判)が403号法廷で開かれた。筆者は満席の為に傍聴出来なかったが、傍聴した方からの情報によると論告で検察側は被告に懲役13年を求刑した、との事。

① 事件番号:令和2年(わ)第641号等
 罪 名:窃盗、傷害、覚醒剤取締法違反
 判 決:懲役3年6ヶ月(未決勾留日数170日算入)
 担 当:橋本裁判官(単独)
 概 要:イラン国籍の被告は、昨年4月27日に横浜市鶴見区豊岡町のスーパーで布団セット等(7673円相当)を万引きした上、JR鶴見駅まで追いかけて来た女性保安員にかみついて加療18日間の怪我を負わせた。また、同年4月には日本国内で覚醒剤を使用した。弁護側は起訴事実を全面的に争っていたが、判決理由の中で橋本裁判官は「犯行を現認した保安員の証言は具体的・詳細で特段不合理な点は見られず、防犯カメラ映像とも符合している。万引きの常習犯として被告人に悪感情を抱いていた可能性はあるが、誤認するとは考えにくい」などと指摘。その上で、「4月28日に任意提出した尿から覚醒剤の成分が検出されており、自己の意思で摂取したと認められる。15年11月20日に懲役2年の実刑判決を言い渡された累犯前科が有り、各犯行の犯情も芳しくない」などとして、被告に実刑判決を言い渡した。

②事件番号:令和2年(わ)第689号等
 罪 名:銃刀法違反、住居侵入、窃盗、恐喝、殺人未遂
 判 決:懲役10年(未決勾留日数180日算入)
 担 当:中山裁判官(合議/裁判員裁判)
 概 要:被告は氏名不詳者らと共謀し、昨年4月4日に不正入手したキャッシュカードを使用して相模原市南区相南のコンビニ店ATMで現金44万9千円を引き出して盗むなどした。更に同年5月10日には、元交際相手の女性(24歳)をナイフで脅して現金6万円を脅し取った上、ナイフを女性の頭部に突き刺して全治3ヶ月の重傷を負わせた。判決理由の中で中山裁判長は「元交際相手への犯行は、かなり危険で悪質。未遂に終わったとは言え、殺人という凶悪犯罪を正当化出来ない。犯行計画自体は場当たり的だが、同種事案の中では比較的重い部類に属する。出し子役として犯罪組織に加担しており、一定の非難は免れない」などとして、被告に実刑判決を言い渡した。

028.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント