最後の一言(40)

「厚生労働省には、指定薬物リストを常にアップデートして欲しい」

・・・氏名不詳者と共謀し、昨年5月と7月にオランダから指定薬物(メチルメトカチノン)合計20g余りを密輸しようとしたとして、医薬品・医療機器法違反、関税法違反の罪に問われた被告が20年12月16日に行われた公判の最終陳述で述べた一言である。

 筆者がこの被告と御対面を果たしたのは12年11月以来、ちょうど8年振りだったりする。
  【本欄過去記事→https://0-3459.at.webry.info/201211/article_16.html
 被告は語学に堪能なようで、28年12月に前刑を終えてからは国際映像データの解析業務等に従事していた、との事。しかしその一方、捜査段階では「28年12月に仮出獄した後も台湾へ行って(違法薬物を)使っていた」などと供述していた上、16日の被告人質問でも検察側に輸入した目的を問われると「使ってみたかったから。覚醒剤が好きだったから」と、全く臆する事無く言ってしまうのだから、筆者としては最早何をかいわんやである。

 かくして、被告は荷物を抱えて再び刑務所へと戻って行く。1月13日の判決言い渡し後に中川裁判官から「一日も早く更生して、社会復帰して下さい」と言葉を掛けられるや否や、懲りもせずに「やっぱり、厚労省には指定薬物リストをアップデートして欲しい」と発言していたものの、裁判官から「今日は判決言い渡しだけなので」と一蹴される被告が、そこにはいた。
  【本事件判決→https://0-3459.at.webry.info/202101/article_5.html

013.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント