アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「独擅場」のブログ記事

みんなの「独擅場」ブログ

タイトル 日 時
検察審査会の議決要旨(申立)第5号 (職権)第2号、同第3号
・・・本件は、筆者にとっては強く印象に残っている事件の一つである。下記のリンクをご覧戴ければ分かる通り、本件は道交法違反のみで起訴されたものの、医師の鑑定結果が“決定打”となり、被告に対して無罪が言い渡されている。   【本欄過去記事→http://0-3459.at.webry.info/201203/article_11.html】 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 00:00
嘘のような本当の話?
・・・筆者がバイトをしている会社の元同僚(40代後半・男)は、団塊の世代のことを「ダンコンの世代」と言っていた・・・・・・。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/01 00:00
近くて遠い?裁判所
・・・横浜市内の中心部にありながら、陸の孤島のような場所に立地する裁判所が存在する。主に交通裁判を扱っている事でも知られる保土ヶ谷簡裁である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/11 20:00
17年の横浜は・・・
・・・一部情報によると、横浜地裁の公判は1月6日から開かれる予定となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/02 12:00
2017年の「目標」
・・・昨年後半は、殆ど傍聴へ行けなかった影響で本欄の更新も滞ってしまったが、今年は傍聴出来るか否かに拘らず更新回数を増やしていきたい。  その為には、筆者が過去に撮り貯めた写真をばんばん紹介していきたい、と考えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/01 12:00
16年の記録
・・・2016年の筆者は、昨年同様に生活再建を最優先課題とした為、傍聴日数・更新回数は下半期になって“失速”した。傍聴券の抽選に外れ続けたのは毎度の事だが、個人的に関心を持っていた事件の公判を何件も見逃してしまったのは悔やまれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/29 17:00
加わった「注意事項」
・・・今月あたりから、横浜地裁に下記の文書が法廷前に掲示されるようになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/10/19 19:00
検察審査会の議決要旨(申立3・4号)
・・・本件は、かつては右翼団体や総会屋が常套手段として用いていた古典的な手法だが、商法が改正されて以降はあまり見かけなくなっていたように思えた。しかし、横浜地裁にもこの手の事案が度々現れる所を見ると、水面下では色々と蠢(うごめ)いている輩が未だに存在するようである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/13 00:00
最後の一言S
 「必ずやり直したい。それだけ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/14 21:00
宣誓文いろいろ
*東京地裁、横浜地裁など最も一般的な文  「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べない事を誓います。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/11 20:00
検察審査会の議決要旨(申立32号)
・・・本件は、筆者が目にした久し振りの「不起訴不当」案件である。内容的にもかなり珍しいものであり、被害者としては本件行為がよっぽど腹に据えかねたのだと思われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/20 20:00
最後の一言R
 「二度とこのような事をしないよう、今の気持ちを忘れず、真っ直ぐに進んで行きたいと思います」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/31 23:00
裁判員裁判での一コマ [横浜地裁 平成27年(わ)第638号]
 「(刃物で)切られている時や事件後に正しい行動をしていれば、上村君は死なずに済んだと思っています。それが出来なかった事に後悔しています」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/24 00:00
十年ひと昔
・・・或いは「十年一日」という表現の方が適切なのかも知れないが、とにもかくにも本欄『地裁の小窓』は今年の5月で十周年の節目を迎えた。  それにしても、よくもまあ十年も続けたものだと、我ながら感心するやら呆れるやら・・・・・である。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/14 00:00
16年の横浜は・・・
・・・一部情報によると、横浜地裁の公判は1月6日から開かれる予定となっている模様。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/02 22:00
15年の記録
・・・2015年の筆者は生活再建を最優先課題とした為、傍聴日数・更新回数は前年を大幅に下回る結果となった。確かに、己の経済的事情を考えるとやむを得ない面もあったが、個人的に注目していた事件の判決を見逃してしまったり、傍聴券の抽選に外れ続けたりするなど、何かと悔やまれる一年だった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/12/30 07:00
裁判員裁判での一コマ [横浜地裁 平成27年(わ)第832号]
 「罪は犯したので、何かしらの罰は受けて欲しい。ただ、刑務所へは行って欲しくない」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/08 23:00
裁判員裁判での一コマ [横浜地裁 平成26年(わ)第965号等]
 「分からないですけど、犯罪性の高い親には有効になると思います」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 00:00
検察審査会の議決要旨(申立19〜21号)
・・・本件は既に一部新聞でも報じられているが、議決要旨を読めば読むほど頭が痛くなるような内容である。今回の議決を受けて検察庁が再捜査→起訴へ踏み切れるのか否かは、極めて微妙と言わざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 00:00
最後の一言Q
 「今度やったら首切りますので」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/07 00:00
久し振りの「不起訴不当」
・・・筆者は22日の午後に地裁へ出向いて知ったのだが、4月16日付けで第1検察審査会が不起訴不当の議決をしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/22 23:00
15年の横浜は・・・
・・・横浜地裁の公判は1月5日から開かれる予定となっているが、本格的に審理が始まるのは6日以降と思われる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/02 07:00
通訳人を笑わせた「あの一言」
・・・今年の10月17日に東京高裁で逆転無罪を言い渡された元被告(Yさん)が、12月5日に横浜地裁の裁判員裁判を傍聴していたのは、本欄で既報の通り。  【本欄過去記事→http://0-3459.at.webry.info/201412/article_4.html】 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/31 21:00
14年の記録
・・・2014年の筆者は、上半期は生活費を稼ぐのに汲々としていた為にあまり傍聴出来ず、横浜簡裁では久し振りとなる無罪判決を見逃してしまった。その分を取り返すべく下半期はかなり集中して傍聴に取り組んだ結果、痛快な無罪判決を傍聴する事が出来たのは収穫だったものの、一方で到底納得出来ない有罪判決に遭遇する事ともなり、何とも複雑な思いが交錯する一年となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/12/30 00:00
供述調書より
 「網走の保護施設にいた殆んどがヤクザ者(もの)で、それが嫌になって出た」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/25 00:00
最後の一言P
 「私の証言がコロコロ変わってしまった事を、深くお詫びします」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/08 19:00
珍しい「目撃情報」
・・・ある方から筆者に寄せられた情報によると、12月5日に開かれた裁判員裁判の傍聴席に意外な人物が現れた、との事。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/12/05 19:00
とある法廷での一コマ
《裁判官、キレる。》 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/19 18:00
傍聴人は知っている
・・・その方は、容疑者逮捕を報じるニュース映像を見て、「この男、法廷で見た事がある」とつぶやいたそうである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 00:00
最後の一言O
 「判決公判を別に設けて欲しい」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/11 21:00
最後の一言N
 「犯罪を自慢する人が刑務所にいると思うと、おかしくなってしまう」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/05 19:00
検察審査会の議決要旨(申立8号)
・・・本件は、恐らく”全国初”ではないかと思われるような議決内容であり、8年近くにわたって注目してきた筆者から見ても、「被疑者の刑事責任を厳しく追及されるよう議決する」と締め括られた議決理由は、今回が初めてである。  本件については警察・検察関係者のみならず、法曹関係者の皆様には是非とも一読して頂きたい内容である。  勿論、法曹関係者ではない方々にも御一読頂ければ幸いである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/19 19:00
意外な「異動」?
・・・今年の2月に横浜市港南区内の百貨店で文房具を盗んだとして、窃盗の罪に問われていた被告の公判が9月10日に横浜簡裁で開かれた。しかし、裁判官が「地裁へ移送手続きをしたい」との意向を表明した為、審理は僅か5分で終了するという珍しい一幕があった事は、以前本欄でも紹介した通り。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/13 17:24
裁判官の「訓戒」S
 「まず自分を大切に。そしてご主人を大切にして、二度とこういう事のないように」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/07 08:00
昼の出来事
・・・それは、今週の水曜日の事だった。  筆者とAさんは、中華街の一角にある馴染みの店へ行き、毎度の如く水曜日だけのランチを注文しようとした。すると、いつも世間話をする店長が「Aさん、昨日テレビに出ていましたね」と一言。  きょとんとしているAさんと筆者に対し、その店長は「金曜日のカレーの件でニュースに取り上げられたんですよ」と説明してくれたので、筆者はすかさずAさんに「その時のニュース番組は見なかったんですか?」と尋ねると、当のAさんは「全然知らなかった」とポツリ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/23 00:00
裁判官の「訓戒」R
 「覚悟を決めて事件を起こしたからには、刑務所で責任を取ってもらう」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/13 07:00
最後の一言M
 「今まで私は、盗む事は得する事だと考えていました」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/02 00:00
「逆転無罪判決」の感想
・・・7月15日に東京高裁(第4刑事部:河合裁判長)で逆転無罪判決を言い渡された弁護団と元被告(津山氏)は、報告会で概ね以下のような感想を述べた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/16 21:28
最後の一言L
 「犯罪はダサいし、真面目にやっている人はカッコイイ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/18 21:25
検察審査会の議決要旨(申立24号)
・・・先週に本欄(きょうの判決)でも少し触れているが、本件は久し振りの「不起訴不当」案件である。ちなみに、当該不起訴処分をしたのは、公判検事もしていた方だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/11 00:17
桃栗三年、傍聴八年?
・・・月日の流れとは実に早いもので、筆者が本欄『地裁の小窓』を開設してからとうとう8年を経過するに至った。  本欄はその名が示す通り、筆者が裁判傍聴に専念する頃と軌を一にする格好で開始された。ただ、裁判傍聴そのものを開始したのは04年5月なので、その意味では10周年の節目を迎えた事にもなる。  いずれにせよ、長いようであっという間の日々だった、というのが筆者の率直な感想である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/14 08:04
あの時の「悪夢」再び??
・・・川崎市内の店でガスボンベ2本を万引きしたとして、常習累犯窃盗の罪に問われた被告の判決公判が2月5日の午前中に川崎支部で開かれる予定だった。しかし、被告は「体調不良」を理由に出廷を拒否するという、何とも曰くありげな”椿事”が発生した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/06 00:15
2014年は・・・
・・・1件でも多くの事件が解決する事を祈るばかりである。ただ、特定秘密保護法が今後の刑事裁判にどのような影響を与えるのかについては、非常に気になる。    【2013年の参照件数について】  13年は傍聴日数・更新回数とも減少した影響もあり、前年比14%減の247,517件(一日平均678件)だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/05 23:19
傍聴人は見た! 2013年を振り返る(2)
飛び出した「裁判員のうっかり発言」!? 筆:13年に横浜地裁で行われた裁判員裁判を私が独自に集計した所によると、全部で59件ありました。一番多く担当していたのが高橋裁判官(第2刑事部)の12件で、それに続くのが毛利裁判官(第5刑事部)の11件。逆に一番少なかったのは、定期異動で東京高裁へ行った秋山裁判官(第6刑事部・2件)を除くと成川裁判官(第4刑事部)の6件で、高橋裁判官の半分という結果でした。 B:その一番少ない成川裁判官が担当していた強盗致傷事件の被告人質問で、裁判員がポロっと自分... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/02 00:06
傍聴人は見た! 2013年を振り返る(1)
・・・2013年の筆者は生活費確保を優先した為、傍聴日数は07年以降最低となる78日に止まった。そこで、筆者の穴を埋めるべく(?)奮闘された2人の方にも13年の刑事裁判を振り返ってもらう事にした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/01 05:15
13年の記録
・・・2013年の筆者は生活費を稼ぐのを最優先課題とした為、傍聴日数は前年を大幅に下回る結果となった。来年は、それなりに戦略を立てて傍聴に臨みたい、と考える次第である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/29 06:14
裁判官の「訓戒」Q
 「貴方のこれからの人生にとって、今回の裁判が全く無意味でなかった事を祈っている」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/11 00:12
最後の一言K
 「弟にお菓子を差し入れて欲しい」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/24 16:57
検察審査会の議決要旨(申立5号)
・・・本欄では度々同会の議決要旨を紹介しているが、本件はその中でも珍しい部類に属する内容である。恐らくは民事でも何らかの形で争っている筈であり、そちらの展開もちょっと気になる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/28 22:59
13年の横浜は・・・
・・・横浜地裁の公判は1月7日から開かれる予定となっており、9日から各刑事部で新件が登場する。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/01 19:11
12年の記録
・・・2012年の筆者は「傍聴運」に恵まれ、傍聴人としてはそれなりに存在感を示す事が出来た一方、「仕事運」と「金運」は最悪だった。筆者にとって「仕事運」などは最早どうでも良いが、せめて「金運」だけでも回復してもらいたい、と切に願う今日この頃である・・・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/30 12:28
裁判官の「訓戒」P
 「どうしたら人に迷惑を掛けずに天寿を全う出来るのか、よく考えて欲しい」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/06 21:18
最後の一言J
 「私が人生を終えた時に死後の世界が存在するのであれば、まず母親に謝罪したい」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/18 23:30
検察審査会の議決要旨(職権16号)
・・・今年の横浜は、どういう風の吹き回しか地裁で無罪判決が多く出ているだけでなく、検察審査会でも不起訴不当の議決が相次ぐという、極めて珍しい一年となっている。  しかも本件は、単なる不起訴不当ではなく検察審査会が職権を行使している点に大きな特徴がある。内容自体も示唆に富んでおり、今後の検察の対応が注目される。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/04 14:03
久し振りの「地裁情報」
・・・今週の筆者は生活費を稼ぐのに汲々としていた為、一日も傍聴する事が出来なかったのだが、ある方からの情報によると第6刑事部の林裁判官が約1年半振りに職場復帰した、との事。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/21 21:35
検察審査会の議決要旨(申立2号)
・・・本件は、数日前に本欄で紹介した通り、横浜市神奈川区選出の民主党系市議に関する公職選挙法違反事件の議決要旨である。選挙違反の内容は港南区選出の市議とほぼ同じだったのにも拘らず、どうして正反対の結論となったのか、議決内容を読み比べてみてもさっぱり分からない。  最近の検察審査会は、「不起訴相当」の結論に至った場合は説明責任を回避するかの如き、おざなりの対応で済ませる事が非常に多く、5年以上も議決要旨を注視して来た筆者としては、何とも言いようの無い空しさを感じる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/29 00:19
検察審査会の議決要旨(申立3号)
・・・本欄では、久し振りに検察審査会の議決要旨を紹介する事となった。これは筆者が「おやっ?」と思うような事案をここしばらく見掛けなかった、という点もさることながら、横浜で不起訴不当の議決が1年以上無かったのも理由の一つである。  ちなみに本件は、既に新聞報道がなされている通り、横浜市港南区選出の民主党系市議が起こした選挙違反に関する議決内容である。これにより、同種行為で審査申し立てがされた神奈川区選出の民主党系市議に関する議決がどうなるのかも気になるが、そもそもこうした件でしか話題にならない民... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 00:01
裁判官の「つぶやき」?
 「簡裁の窃盗では、クレプトマニアが多い」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/01 12:56
最後の一言I
 「私は、両親から幾度も教えられた思いやりの心を失ってしまいました。ケダモノになっていました」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/10 23:27
裁判官の「訓戒」O
 「女装そのものは犯罪じゃないんだけどね・・・」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/30 23:35
裁判官の「訓戒」N
 「執行猶予中に事件を起こすと、眠らせた懲役刑が目を覚ます事になる」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/24 00:28
冗談みたいな出来事?
・・・筆者はその場面を目撃していないので真偽の程は定かでないが、先週の横浜地裁で、あるベテラン検事が突然剃髪して法廷に現れるという一幕があった、との事。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/01 08:22
裁判官の「訓戒」M
 「これまでの職歴についても心配な事があるので、よく考えて立ち直って欲しい」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 20:27
裁判官の「訓戒」L
 「元々は真面目な方だと思います。クスリを除けば、ね・・・」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/17 21:32
12年の横浜は・・・
・・・横浜地裁の公判は1月5日から開かれる予定となっているが、5日は判決1件のみであり、実質的には6日が本格的な“仕事始め”となっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/01 21:10
11年の記録
・・・未曾有の大震災に見舞われた2011年は、計画停電の影響で裁判員裁判や一部の公判については期日変更を余儀無くされたものの、横浜ではほぼ予定通りに審理が進められたようである。  いずれにせよ、筆者にとっても色々な意味で忘れられない一年となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/31 06:24
裁判官の「訓戒」K
 「(盗まれた車が)どこかで発見されるのを祈っています。気を落とさないで頑張って下さい」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/03 13:18
最後の一言H
 「これまで色々と確執もありましたが、助けてくれたのも親ですので・・・」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/28 21:16
裁判官の「訓戒」J
 「そこに座っていて、再犯をやってやろうと思う人はいない」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/30 19:08
長期化の様相?
・・・昨年12月中旬に茅ヶ崎市内の民家で男性(当時24歳)を集団暴行して死亡させ、遺体をプラスチックケースに詰めて相模原市の道志川河川敷に投棄したとして、死体遺棄・傷害の罪に問われたC被告(19歳)の第3回公判が、8月19日に横浜地裁403号法廷で開かれた。  この日の公判は、傍聴券43枚に対して84人が並ぶという注目度の高さだった。しかし、審理は検察側の証拠説明等が行われただけで、僅か20分程度で終了するというあっけないものだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/19 21:29
最後の一言G
 「極刑は、もう自分で覚悟していますので・・・」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/10 19:51
最後の一言F
 「余計な事かも知れませんが、おまわりさんも悪い事をする時代ですので・・・」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/01 19:17
筆者が最近読んだ「裁判関連本」
・・・何せこの5年間というもの、アルバイトをしながら裁判傍聴も続けるという“二重生活”を強いられた期間があり、あまりじっくり本を読む機会に恵まれなかった。  ましてや、筆者は「大の読書嫌い」ときている。ここ10年ほどは情報入手の一つの手段として、有名企業の社史やら社会科学系の文献に目を通してきたものの、未だ十分とは言えない水準にある。    そうした状況下に於いて、最近は司法や刑事政策の全体像を理解すべく下記の文献に目を通してきた。この中には内容的に「???」と首を傾げてしまうものもあれば... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/12 22:47
風雪に耐えた(?)5年
・・・本欄『地裁の小窓』は、2006年5月に第一歩を踏み出して以来、今年でとうとう5年の節目を迎えるに至った。開始当初は「まあ、せいぜい半年位は続けられればなあ・・・」と軽い気持ちだったのだが、気がつけば裁判を傍聴した日数は2006年2月〜2011年4月末で合計643日にも及び、ブログ更新回数も800回を超えた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/10 21:25
元被告の「後悔の弁」?
 「(自分の事件の)裁判では、あまりしゃべらないままに終わってしまった」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/14 23:42
検察審査会の議決要旨(第6号)
・・・本件は相模原市内の小学校であったようなのだが、本来ならば県人事委員会で解決すべき問題が検察審査会へ持ち込まれる事自体、尋常ではない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/12 22:35
田代被告の一言
 「うーん、今はちょっと厳しいです」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/02 10:56
地裁の「トリビア」?
 「田代まさし被告の裁判を前回(04年:東京地裁)担当したのも、今回同様に香川裁判官だった・・・」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/23 09:37
今年こそ試される「裁判所の手腕」
・・・2010年の暮れも押し詰まった12月27日、大阪地検特捜部による一連の証拠改ざん事件の責任を取る形で大林検事総長が辞任したのは、最早周知の通り。同日の共同通信では、危機意識訴え引責辞任 大林検事総長が会見との見出しで、以下のように報じている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/01 00:02
10年の記録
・・・2010年は、筆者も生活維持の為に働いていた都合で裁判所へ出向く回数が減り、なかなか事件を追いかける事が出来なかったのが悔やまれる。しかしそれにも拘らず、本欄の更新回数を減らさないように筆者が懸命に努力(?)した甲斐もあってか、参照件数(PV)は09年を上回り合計208,000件を突破するなど、一年を通じて多くの方にご覧戴く結果となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/31 08:49
被告が漏らした「本音」?
 「最後の人生くらいは、まともに暮らしたい」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 00:02
「来週の公判予定」掲載一時中止のお知らせ
・・・本欄では、一部の方の要望にお応えする形で横浜地裁の公判予定を毎週紹介してきましたが、以下の理由により掲載を一時的に中止します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/16 00:01
記事には載らなかった「もう一つの事実」?
・・・筆者は本欄をご覧になっている方から指摘を受けるまで全く気付かなかったのだが、先月の24日に少々変わった判決が横浜地裁で言い渡されていた事を、9月25日付の読売新聞(YOMIURI ONLINE)は証人どなった検事に「あるまじき行為」と裁判官 との見出しで報じていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/03 22:07
検察審査会の議決要旨(申立6号)
・・・今回の議決要旨は、事案の内容そのものがかなり変わったものであり、しかも「刑政の目的が達せられたから」という理由で不起訴相当という結論を導き出している点に特徴がある。  この被疑者(多分、タクシー運転手)は、護身用の為に色々な私物を車内に持ち込んでいたのであろうが、「よりによって、こんな物を・・・」という気もしないではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/05 00:14
最後の一言E
 「警察が用意したうがい薬にアルコールが含まれている。これは良くないね。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/01 01:10
裁判官の「訓戒」I
 「世の中、そんなにうまい話はない。若い時には、体を使ってお金の有難さを体感しなければいけないよ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/24 07:43
検察審査会の議決要旨(第8号)
・・・筆者はここ数年間、裁判所の掲示板に”一週間限定”で貼られている検察審査会の議決要旨をなるべくこまめに確認しようと心掛けて来たが、本件のような家族や親族間でのもめ事が検察審査会に持ち込まれる例をしばしば目にする。  『被疑事実の要旨』や『議決の要旨』を読んだ限りでは、こういう場合の検察の判断は概ね妥当であると言わざるを得ない。しかし、ここまでもつれた家族や親族の「骨肉の争い」が不起訴によって修復されるのか否か、その後の展開についてはやや気になる所ではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/03 23:59
検察審査会の議決要旨(第22号)
・・・本件は少々前に議決されて掲示されたものであるが、非常に難しい内容を含んでいる為、あえて本欄で紹介する次第である。  いずれにせよ筆者としては、このようないたましい事故が繰り返されない事を祈るばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 11:27
宇都宮での「珍道中」?
・・・3月26日に宇都宮地裁で開かれた足利事件判決公判[宇都宮地裁 平成14年(た)第4号]については、当日と翌日の報道等で判決内容や裁判長の謝罪について詳細が報じられており、それについて本欄で論評する余地は無い。    ただ、例によって宇都宮地裁にノコノコ出向いた筆者としては、”完全無罪”を言い渡された菅谷さんの晴れ晴れとした表情とは裏腹に、何とも後味の悪い印象だけが残った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/31 01:01
ご近所の「噂」
・・・ある人から筆者の元へ寄せられた情報によると、横浜市内に住む男性に2年連続で「裁判員候補者名簿に記載されました」旨の通知が届いた、との事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/17 00:42
09年の記録
・・・09年の後半は、筆者も派遣社員やら何やらで働いていた都合で傍聴回数が減り、その影響もあってか本欄の参照件数も減少傾向となった。  それにも拘らず、年間の参照件数(PV)は累計で191,000件にも及ぶなど、全体的には一年を通してかなり多くの方にご覧戴く結果となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/31 11:57
「裁判員裁判元年」の09年を振り返る
・・・「司法制度改革の一環」として09年5月21日から開始された裁判員制度は、賛否両論が渦巻く中でも徐々に市民の間に浸透しつつある。  裁判員制度を宣伝する為に最高裁が製作した、DVD『審理』の主演女優が覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴されるという想定外の事態にも発展したが、それによって逆に裁判員制度の認知度が高まるという皮肉な結果をもたらしたのも事実であろう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/30 02:28
検察審査会の議決要旨(第152号)
・・・本件については、12月12日付の新聞各紙でも一斉に報じられたが、検察審査会の「不起訴不当」議決もさることながら、議決要旨そのものが非常に珍しい内容となっている。  何しろ、検察審査会は「傷害罪としての不起訴は相当」としながらも、「業務上過失傷害罪としての不起訴は不当」と判断したのだから、横浜地検としては今後の対応に頭を悩ませているに相違ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 23:57
被告が書いた「謝罪文」?
 「3ヶ月前は早く社会へ戻りたいと思いましたが、今はどうでも良い、という心境です」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/10 23:38
最後の一言D
 「こんな犯罪者でも、せめて臓器提供をして社会に貢献したいと思っています」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/06 00:06
とある法廷での一コマC
 《裁判官を動かした被告の抵抗》 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/26 01:30
裁判官の「訓戒」H
 「弁護人もあなたの更生の為に頑張ってくれたし、検察官も同じ思いだと思うよ。もちろん、裁判所も頑張ったのよ。保釈で。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/11 21:07
裁判官の「訓戒」G
 「こちらの温情が結果として仇になる事もあるのです」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/08 09:10
裁判官の「訓戒」F
 「あなたの事をネットで見たんだけど・・・いい事書いてたよ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 19:10
検察審査会の議決要旨(第144,145号)
・・・筆者は、もうかれこれ3年以上も横浜地裁の掲示板で検察審査会の議決要旨を確認しているのだが、久し振りに「不起訴不当」案件にお目に掛かった。  何しろ、年に1回あるかないかの出来事なので見つけた時は少々興奮し、議決要旨を読んで今度は少々感動してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/10/15 00:12
最後の一言C
 「何度も言っていますが、これで最後にします」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/11 06:58
とある裁判所での会話
Aそう言えば、(酒井法子主演の)例の『審理』だけど、上から「貸し出しもするな」という指示があったみたいだよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/18 19:33
人生いろいろ 被告もいろいろ?
<裏切りの逃避行> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/08 23:34
09年上半期の記録(3)
<本欄の閲覧状況> ・・・本欄の閲覧状況(PV)については以前も紹介した通り、2月以降アクセスが急増している。昨年は一日300〜400件程度だったものが、現在は600件前後で推移しているとなると、筆者としては「???」という気持ちもしないでもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/01 22:01
09年上半期の記録(2)
・・・筆者の記録を基にして集計した所、09年上半期は特定の裁判官に関心が集中していた傾向も見られたので、下半期はその辺を踏まえて傍聴してみたいと考えている。  ちなみに、今年の4月に永井裁判官は広島地裁尾道支部、野原裁判官は広島高裁、多和田裁判官は東京高裁へそれぞれ異動した為、下半期は順位が大幅に変動する可能性がある事も付け加えておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 06:46
09年上半期の記録(1)
・・・先般もお知らせした通り、筆者は都合により6月下旬から8月頃まで殆ど裁判の傍聴が出来ない状況となった。そこで、しばらくは09年1月〜6月の傍聴記録や、これまで時間等の都合で記事に出来なかった事件の公判等を順次紹介していきたいと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/27 21:56
裁判官の「訓戒」E
 「願わくは、今ここにいるあなたが、本当の姿であって欲しい。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/22 19:32
「傍聴生活三年」を振り返る(2)
 傍聴生活を開始して約半年後、私はひょんな事から全国の裁判所へも足を運ぶようになった。たまたま眺めていた裁判所の「傍聴券交付情報」に、私がかねてより気になっていた事件が掲載されていたからだ。  それはさながら「事件を追い求める旅」とも言える訳であるが、元々私は陸海空の交通機関を乗り継いで全国行脚をするのが趣味の一つでもあったので、金銭的に余裕のある頃は名古屋からフェリーに乗って北海道へ渡り、帰りは飛行機を使う、といった具合に、南船北馬ならぬ“北船南飛”で裁判所巡りをした事もあった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/08 00:12
「傍聴生活三年」を振り返る(1)
・・・元々は半年程度で止めようと思っていた傍聴生活も、とうとう三年の節目を迎える事となった。  顧みればあっという間の三年ではあったが、色々な意味で思い出深い日々だったような気もするので、筆者なりに今一度総括してみたい。  実は先般、とある所から取材依頼があり、それを受けて「傍聴生活」についての文章をまとめたのだが、結局文章そのものが日の目を見る事は無かった為、あえて本欄で紹介する次第である。    率直に言って、別に面白いことを書いている訳ではないので、その点は予めご了承願いたい。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/07 07:27
裁判官の「訓戒」D
 「子供の人生を親が潰していい、とはならない」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 01:16
検察審査会の議決要旨(第80,81号)
・・・こうした金銭をめぐる骨肉の争いは民事事件では日常茶飯事のように扱われているものの、刑事告発に至るというのは尋常ではない。  本件については、確かに事案そのものは構成要件に該当する可能性が高い気もする。ただ、申立人の家族(=被疑者)に対する理不尽な対応を知るに及んで、流石の検事や検察審査会の面々も被疑者に同情したのかも知れない。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/30 22:07
裁判所の前にある「裁判所」?
・・・4月25日(土・23:10〜)からフジテレビ系列で放送が始まった『魔女裁判』は、裁判員裁判を題材にした興味深いドラマである。  筆者はこの日の夜、たまたま暇つぶしにテレビをザッピングしていたら裁判員裁判の法廷が映っていたので、ついついつられて番組を最後まで見てしまったのだが、この先の展開がちょっと気になる内容だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/27 21:38
事件が見える?「押収物還付公告」
 一口に押収物還付公告と言っても、なじみのない大部分の方には「何の事やら、さっぱり分からない」というのが実情であろう。  しかし、検察庁の掲示板に人知れず貼られているこの文書は、事件の第一線で働く捜査員達の「努力の集大成」であり、時として事件の本質・背景を雄弁に物語っている事さえあるから、なかなか興味深い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/26 22:18
裁判官の「いら立ち」?
 「素人がやっているんじゃないんだから・・・裁判所もカンカンですよ!」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/24 20:21
裁判官の「訓戒」C
 「これ(執行猶予)を生かすも殺すも、あなた次第」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/04/09 10:58
裁判官の「訓戒」B
「本当は、一生執行猶予を付けた方があなたの為になる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 00:06
裁判官の「トドメの一言」?
 「ケチな了見を出さん事やね。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/18 21:35
人生いろいろ 被告もいろいろ?
 <歌手を夢見た被告> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/12 17:59
最後の一言B
 「別に。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/10 16:30
裁判官の「意外な一言」?
「これでも、私も若かった頃は痴漢にあったんですよ・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/26 22:42
最後の一言A
「民生委員にばれないようにお金を渡していきたいです!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/23 18:41
川崎支部の「貼り紙」
「酒気を帯びている人は傍聴できません」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/12 21:07
とある法廷での一コマB
《裁判官も失笑する被告の言い訳》 ・・・最近、大麻を筆頭とする違法薬物が社会に広く蔓延している影響なのか、横浜地裁の管内では「大麻取締法違反事件」や「覚せい剤取締法違反事件」の公判が頻繁に開かれている。どうも被告本人は面白半分に違法薬物に手を出している傾向も窺われるのだが、公判自体は面白くも何とも無いのが実情である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/11 21:10
裁判官の「訓戒」A
「お母さんも化けて出られるのではないでしょうかね。あなたの所へ。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 23:25
裁判官の「訓戒」@
「長年連れ添って、子供も作った仲なんだろ・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/02 22:45
『記者ノート2008』を補足する
・・・少し前の話で恐縮だが、昨年12月26日付読売新聞地方版に「ネコを愛する故の誤解」との見出しで掲載された事件の公判(12月4日)については、実は筆者もたまたま傍聴していたので、記事内容(一部割愛)と公判内容を紹介しておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 22:31
被告のつぶやき?
「執行猶予って言っても、行くとこがないよ・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/08 00:04
08年の記録(2)
・・・08年に関しては筆者が傍聴した全ての事件についての記録をしており、集計した所、以下の結果になった。  尚、裁判官別事件件数については、合議事件の場合は担当裁判長のみに件数を加算した。その為、陪席に座る事がある多和田裁判官、永井裁判官、五島裁判官は、下記の件数以上に筆者と向き合っていたりするのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/01 09:07
08年の記録(1)
・・・08年はアルバイトをしながらの傍聴となった為、昨年よりも日数そのものは少なかったが、かなり密度の濃い一年だったような気がする。ただ、バイトの予定との調整もさることながら金銭的にも苦しくなった影響で、なかなか遠方の裁判所に行く余裕が無かったのは残念だった。  来年に関しては、筆者を取り巻く情勢が色々な面で更に厳しくなるのは必至であり、本欄で紹介する事件数が減少する可能性もある事を予め申し上げておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/31 20:41
検察審査会の議決要旨(名古屋版)
・・・今回紹介する議決要旨は名古屋第一検察審査会のものであるのだが、どういう訳か名古屋はやたら短い。  筆者はこれまで、横浜以外では岡山、千葉などでも確認してきたので、尚の事名古屋のやたらそっけない議決要旨が気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/24 00:30
横浜地裁の「主」?
・・・このお方、以前から裁判所の敷地内を悠然と歩き回っていたので、筆者にとっては何かと気になる存在だった。しかし、元来人見知りする性格なのか、それとも筆者のような傍聴人とは関わりたくないと思っているのか、なかなか撮影に応じてもらえなかった。  今回、たまたま裁判所の「開かずの入口」にちょこんと座っていた為、筆者も粘りに粘ってようやく写真を撮らせてもらった、という次第である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/08 21:22
とある法廷での一コマA
 《被告が明かした「衝撃の事実」!?》 ・・・ある傍聴人の方から寄せられた情報によると、横浜地裁で11月27日に開かれた判決公判で珍しい光景が見られたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/29 00:11
検察審査会の議決要旨(第35号)
・・・本件は筆者が昨年から待ちに待っていた案件だったのだが、非常に残念な結論となった。  結局、「実行犯2人の供述以外に証拠が無かった」という点と、「実行犯2人の供述が食い違っていた」という点が”不起訴相当”の決定打になった模様。しかし、実行犯の1人の判決では「被疑者の事件への関与が疑われる」と裁判所が指摘していたのであり、3人の公判記録などを精査すればもっと踏み込んだ結論を導き出す事は可能であったような気がしてならない。  もし、筆者が本件の審査に加わっていたならば、このような結論には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/28 01:00
最後の一言@
 「裁判所に速やかに保釈を認めていただいたお陰で、母の最期に立ち会う事が出来ました・・・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 06:41
またまた変わった「還付公告」
 筆者は普段、滅多に検察の掲示板を見ないので、或いは下記のような還付公告も珍しくないのかも知れない。しかし、押収物の内容からすると、還付請求に来るような物好き(と言うか、酔狂な人)はまずいないだろう。  大体、検察は何らの取調べもせず素直に押収物を当事者に渡すとは思えないし、個人情報が丸ごと記載されている戸籍謄本が「還付不能」というのも不自然と言えば不自然である。  ちなみに、この日の掲示板に貼られていた還付公告6件のうち、本件以外は自転車4件、手提げバック1件、という品名であった事も付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 07:46
裁判員裁判の「予感」!?
・・・先月の29日に横須賀市で発生した殺人事件の公判は、どうも横須賀支部ではなく本庁(横浜)で行われる可能性が濃厚である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 12:36
被告が漏らした「捨てゼリフ」?
 「柳の下にドジョウが二匹いると思った」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 04:51
検察審査会の議決要旨(第19号)
・・・本件は、まさに「骨肉の争い」である。それはそれで理解出来なくもないのだが、傷害の程度は下記の通り「自宅安静加療3日ないし4日」だと言うのだから、子供のケンカ程度の話である。  これでいちいち警察や検察が引っ張り出されるのだから、たまったものではない。検察審査会のみならず、捜査関係者の心労、お察し申し上げる次第である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/12 11:52
きのうの出来事
・・・一部報道によれば、05年10月に起こった「サレジオ学院前での危険運転致死事件」の上告審で、最高裁は9月8日付で被告の上告を棄却する決定を下し、被告の刑(懲役16年)が確定した、との事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/10 20:05
とある法廷での一コマ@
 《とある地裁で行われている傷害事件の公判での話》 ・・・この日の証人尋問では、被害を訴えている10代と思しき男性が証言を行った。  証言の内容を総合すると、どうやらこの男性は暴力団員風の被告ら数人に「カモ」にされていたようである。美人局で100万円を要求されたり、洗車中に「車をへこました」とインネンをつけられてまた100万円を要求されたり、といった具合で、その上被告らが何か気に食わない事がある度に暴行を受けていた様子も窺われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 11:22
退任した検事総長の「本音」?
・・・去る7月1日付で退任した但木検事総長は、最後の会見で裁判員制度について「国家権力の行使に国民が参画する初めての経験と言っていい位革命的な意味のある制度だ」と語ったとか。  いかにも検察の頂点を上り詰めた人らしい最後の言葉とも言えるのだが、筆者はむしろ5月25日に行われた「赤れんが祭り」での質疑応答の方が本音を語っていたように思えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/04 15:13
ちょっと変わった「還付公告」?
・・・先週、横須賀区検の前を通りかかった際、たまたま1枚の還付公告が目に付いたので、ご紹介する次第である。  この押収物の数から推察すると、窃盗犯はかなりの余罪があり、しかも「どこで盗んだものかさえも分からない」が故に持ち主の特定が出来なかったのであろう。もしお心当たりのある方は、是非横須賀区検にお問い合わせ願いたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 20:05
検察審査会の議決要旨(第36,37号)
・・・今回紹介する事案は、検察官が行った「不起訴処分」と検察審査会の「不起訴相当」の決定が職権濫用と幇助に当たるとして検察審査会に申し立てを行った、というチンプンカンプンな内容である。  大体、「検察官の不起訴処分が職権濫用に当たる」などといった話を筆者は聞いた事がないし(逆なら有り得るだろうが)、「検察審査会の決定が不服である」として検察審査会に申し立てるなどというのは、およそ尋常とは言えないだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/05/22 18:23
海岸線侵食の「元凶」
・・・4月13日付読売新聞『羅針盤』では、侵食続く相模湾の海岸線との見出しで相模湾の海岸線がこの半世紀で50〜30mも侵食されている、という事実を伝えている。  昨年9月に発生した西湘バイパス崩落事故も、そもそもは砂浜が消失した事が一因であるとされ、これは相模川と酒匂川の上流に建設されたダムが砂の供給をせき止めているという背景があると指摘している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/20 22:40
今年の目玉人事??(横浜地裁刑事部)
・・・この季節はどこの官庁でも様々な人事異動が行われる時期でもあるのだが、横浜地裁刑事部の今年4月の定期異動は、比較的小動きだったようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 15:59
検察審査会の議決要旨(第4〜10号)
・・・本件を一言でまとめると、「派遣元と派遣先の会社が、派遣社員に対する健康診断を怠った」という、ちょっと変わった事案である。  検察審査会が「事案が軽微である」事を不起訴相当の理由に挙げた点は理解出来なくも無いのだが、「法規が難解であり、その理解が不十分であったことに原因がある」と結論付けた点については、やや疑問の余地がある。    大体、派遣会社とあろうものが労働法規を理解しないままに事業を開始する事自体が問題であり、もし本当に労働法規に対する理解が不十分だったとするならば、当該派遣会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 17:26
07年を振り返る?(2)
・・・筆者が軸足を置いていた横浜地裁(本庁)では、今年も多くの事件に関する裁判が行われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/31 11:55
07年を振り返る?(1)
・・・筆者の一年を振り返ってみると、一言で言えば「傍聴三昧」だった感もある。  1月の名古屋地裁、札幌地裁を皮切りに、全国行脚して裁判の傍聴を続けた結果、裁判所に通った日数は年間で161日に至った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/29 07:32
検察審査会の議決要旨(岡山版)
・・・筆者は今回、初めて岡山地裁を訪れたのであるが、全く偶然、検察審査会の「不起訴不当」案件にお目に掛かる事が出来た。    筆者は横浜検察審査会の議決要旨をかれこれ1年以上眺めて来たものの、本欄で紹介した通り、不起訴不当案件はたった1件のみである(注:これまた全く偶然であるが、今月の21日に横浜で久し振りに不起訴不当案件が出て来たので、機会があれば後日紹介したいと考えている)。  その点については裁判所の職員にも尋ねてみた所、岡山では今年に入って2件目の不起訴不当案件だった、との事。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/23 00:51
検察審査会の議決要旨(第98,99号)
・・・本件は、裁判所の民事和解手続について、当事者の一方が「裁判官と書記官が虚偽の和解文書を作成した」と検察審査会に訴えるという、何とも奇妙な事案である。  しかも、申し立てを行ったのが和解が行われた7年後の今年に入ってからであり、和解自体も7年前に成立しているというのだから、訳が分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 22:51
検察審査会の議決要旨(第65〜70号)
・・・今回の事案は、刑務所内での「刑務官の暴行行為の是非」が問われるという珍しい内容である。  結論として検察審査会は、刑務官の行為が「職務上必要な制圧行為である」として不起訴相当としたのであるが、筆者はそもそも服役囚が刑事告訴のみならず検察審査会にまで申し立てた事自体に興味を引かれた。また、「申立人が現在も服役しているのか否か」も気になる所ではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/07 13:38
検察審査会の議決要旨(第88,89号)
・・・最近、横浜検察審査会で審査されている事案の多くは交通事故に関するものが多いのであるが、本件は医師の医療行為をめぐって患者側が申し立てた、という変わった事案である。  結果として審査会は「不起訴相当」と判断したのであるから、医療行為そのものに問題は無かったと言えるのかも知れない。しかし、審査会がいわゆる「インフォームド・コンセント(説明と同意)」に言及している点は留意しなければなるまい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/25 17:23
裁判員制度への「険しい道」?
・・・2年後には開始される予定となっている裁判員制度をめぐっては、各地方裁判所でも広報活動が活発化している。  実際に裁判員裁判が行われる予定の地裁とその一部の支部には大きな看板が掲げられると共に、案内パンフレット、広報用映画『裁判員』『評議』の貸出し、裁判傍聴会や模擬裁判員裁判を実施して国民への浸透を図っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/06 22:11
傍聴人は何を思う?(3)
6.裁判員には「意欲満々」? ・・・次に、傍聴を始めてから裁判員制度に関心を持つようになったかについてを尋ねた所、「はい」を選択した人が圧倒的に多く、1人の男性(30代)を除く8人が関心を持ったと答えている。更に裁判員を引き受けるか否かを尋ねた所、これまた1人の男性と「まだとちらとも言えない」と答えた女性(30代)を除く7人が「はい=引き受ける」と答えたのは、特筆に価する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/02 00:35
傍聴人は何を思う?(2)
3.関心の的は「重大事件」! ・・・やはり、と言うべきか。これまで傍聴した中で印象に残った事件について尋ねた所、6人が殺人・傷害致死といった重大事件を挙げた。  しかし、だからと言って関心の的が特定の事件に集中する事が無かった点については、筆者から見れば意外であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 18:28
傍聴人は何を思う?(1)
・・・早いもので、筆者が裁判の傍聴を集中的に開始してから16ヶ月を経過した。  当初は一人で黙々と記録する事に専念していた為、他の傍聴人と話す機会は殆ど無かったのであるが、今年に入り「ふとしたきっかけで」2,3人との間で情報交換が始まり、最近では待合室で7,8人集まっての”井戸端会議”をする事も珍しくなくなった。    そこで筆者としては、これまでの集大成の意味も込めて顔見知りの傍聴人10人ほどに意識調査の実施を試みた。これによって、普段傍聴人が個々の事件のどのような点に関心を持っているの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 23:12
「絶版」の危機??
・・・7月13日付朝日新聞記事によると、12日に東京法務局がとある本をめぐり、出版元と著者に文書で勧告を行った、との事。    対象となった本は、今年の5月に出版された草薙厚子氏の著書『僕はパパを殺す事に決めた』(講談社刊)。これは昨年6月に奈良県で起こった放火殺人事件を扱ったものなのだが、犯行を行ったのが高校1年の少年であり、本来ならば“門外不出”の筈の供述調書の内容が掲載されている為、法務局が「報道・出版の自由として許容される限度を明らかに越えている」と判断したらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 19:15
検察審査会の議決要旨(第17号)
・・・今回の審査事件については、非常に微妙な案件である。  審査申立人と被疑者が共に”匿名”となっているのも珍しいのだが、申立人の行動が不可解であるとして強姦事件の不起訴が「相当である」と結論付けるのも、かなり珍しい。  要するに検察審査会としては、被害を訴えた申立人自身が出会い系サイトを利用し、知り合った男と交際するなどしていた点にそもそも問題があった、と言いたいのかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/01 20:56
検察審査会の議決要旨(第113号)
・・・今回の審査事件は、とにかく不可解である。申立人が路上で見知らぬ人に侮辱されたのが不愉快千万だった、として訴えたようなのであるが、果たして事件そのものがあったのかどうかさえ疑わしい案件である。    まず以って、申立人は侮辱をしたとされる人物を警察に突き出すなり追いかけるなりしている様子が窺えないのに、何故か録音だけはしている、という点に筆者は引っ掛かるものを感じた。何より普段から録音機だけを持ち歩いている事自体が不自然であり、しかも録音内容は全く聞き取れないと検察審査会に認定される位だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 01:26
振り返れば一周年?
・・・ちょっとご挨拶が遅れましたが、おかげ様をもちまして本欄『地裁の小窓』は一周年を迎える事が出来ました。これもひとえにご覧戴いた皆様の叱咤・激励があればこその結果であり、厚く御礼申し上げる次第です。  総アクセス件数も、5月19日時点で3万9千件を超え(もっとも、その半数近くは一時的な冷やかしだったりする訳ですが、それはそれで有り難い事だと思っています。)、現在でも1日平均100件以上のアクセスがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/20 12:29
検察審査会の議決要旨(第107号)
・・・今回紹介する審査事件は、「裏口入学をめぐる詐欺事件」である。  裏口入学に関わったとされる人物が、現金を騙し取られた被害者による刑事告訴を「虚偽告訴に当たる」と訴えた、という少し変わった事案なので筆者が注目した次第である。  それにしても、今時「裏口入学」を口実にした詐欺事件がある、という事自体に情けない思いがする。以前、慶應幼稚舎の入学をめぐっても似たような事件があったが、今回も慶應絡みの事件であるのは気になる所ではある。  だます側が悪いのは当然であるとしても、子供の学力や能力を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 09:26
珍しい無罪判決?
・・・少し前ではあるが、新聞報道によると05年5月に大阪市内で起こった放火事件をめぐって現住建造物放火等の罪に問われた被告に対し、大阪地裁の杉田裁判長は「自白に頼り、物証を軽視した悪しき捜査の典型」などと捜査機関を厳しく批判した上で無罪判決を言い渡した(3月30日)、との事。    確かに巷間でも言われている通り、刑事裁判における無罪判決は極めて少ないが、今判決のように「悪しき捜査」とまで裁判所が言い切った例は、更に珍しいだろう。何故ならば、日本の刑事裁判の多くが自白を前提とする証拠によって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 23:13
ハゲましのコメント有難うございます!
・・・とにかく予想以上の反響に少々驚いています。  確かに、一部の方のご指摘にある通り、私の行為が「負け犬の遠吠えに過ぎない」面は否定できないと思います。率直に言って、私も「傍聴を続けて一体何の為になる?」と自問自答する事がしばしばあります。  また、一部の方に不快の念を与えた点につきましては私の不徳の致す所であり、お詫び申し上げる次第です。    ただ、数年後に始まる「裁判員制度」で誰かが裁判員に任命される事は間違いないので、皆さんもどうぞ一度は傍聴席に座ってみてはいかがでしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/01/22 17:19
テレビの件について・・・
・・・早速多数のご意見を戴きまして、有難うございます。  「早く仕事を探せ!」とのご指摘はごもっともであり、実際、職安通いを並行して行ってはおりますが、なかなか上手くいっていないのが現状です。  「趣味悪いぞ!」とのご指摘は真摯に受け止めますが、是非記載した内容もご覧いただきたいと存じます。  「老けてるぞ!」とのご指摘には、弁解の余地がございません。 税目別・税務調査の指摘事例Q&A楽天ブックスどこの会社でもよくある 著者:平塚秀明出版社:清文社サイズ:単行本ページ数:226p発... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 64

2007/01/21 23:29
検察審査会の議決要旨(第103号)
・・・本議決要旨は、筆者が検察審査会の議決に注目して以降、初の「不起訴不当」案件である。  筆者がここ数ヶ月の動向を見てきた限りに於いては、検察審査会への申立自体は必ずしも少なくない。しかし、そもそも検察審査会には捜査権限が無く、情報力にも限界がある為、多くは検察官の判断を追認せざるを得ないといった事情もあるようだ。  そうした状況下での今回の踏み込んだ判断は画期的とも言えるだけに、検察の「再度の不起訴処分」は時間の壁があったとは言え、残念でならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/27 02:02
検察審査会の限界?
・・・12月22日付け朝日新聞(神奈川版)では、「事故の運転手 また不起訴に」との見出しで横浜地検川崎支部の処分概要を取り上げている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/27 02:00
法廷での「涙」
・・・筆者が裁判の傍聴を始めたのは04年頃からである。本格的に裁判所に通い出してからは、まだ(もう?)6ヶ月に満たないものの、顧みれば延べ100回以上の公判中に多くの関係者の涙を見てきたような気がする。被害者やその家族・遺族はもとより、被告人までもが人目をはばからずに泣いていた事もあった・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/26 01:16
検察審査会の議決要旨(第38号)
・・・先般、たまたま裁判所玄関前の掲示板に目を向けた所、以下の文書が”人知れず”掲示されていた。中々興味深い事件内容なので、是非一読願いたい。尚、事件の概要を大雑把に説明すると、「交通事故で死亡した被害者の遺族が、加害者に対する処分を不服として行った申立」であり、それに対し検察審査会の出した結論は、「被害者にも落ち度があり、加害者に刑事裁判を受けさせるほどの事案ではない」という事のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 07:48
産経を読売が買収?
・・・週刊誌『FLASH』10月3日号の記事メディア再編・・・『産経を読売が買収』情報を追うは、なかなか興味深い内容である。  記事にもあるように、産経新聞は8月22日に150億円にのぼる社債を公募発行したのであるが、異例の早さで引き受け先が決定した背景には、最悪の場合読売新聞が救済するのでは?との憶測が飛び交っているからだ、と言うのだ。産経側は当然の如く否定をしているものの、社債を公募発行する事自体、産経の厳しい台所事情を如実に示している、と言えよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/23 10:22
水鳥になりたい!!
・・・ここの所、梅雨明けがないまま気温だけは上昇を続けているが、「人間」と言う名の動物にとっては何ともしんどい毎日である。  高温多湿は日本の夏の特徴とも言えるのだから、しんどく思うようになったのは、これもひとえに筆者が年を取ったせいなのかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/16 08:06
「限界集落」の選択肢
・・・6月18日付毎日新聞の社会面では、「処分場を誘致 集団移転」との見出しで、産廃処分場に消える過疎集落の厳しい現実を伝えている。  要するに、過疎化と住民の高齢化により社会的共同生活が困難となった結果、集落そのものが「廃棄」されてしまうという、何とも寂しい事例が各地で起こっているようなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 14:09

トップへ | みんなの「独擅場」ブログ

地裁の小窓 ー傍聴最前線ー 独擅場のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる