地裁の小窓 ー傍聴最前線ー

アクセスカウンタ

zoom RSS 不可解な「出廷拒否」? [横浜地裁 平成28年(わ)第1521号]

<<   作成日時 : 2017/05/14 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・筆者は傍聴した方からの情報で初めて知ったのだが、5月の連休明けから始まった裁判員裁判(担当:松田裁判長)で、“異常事態”が発生している。被害を訴えていた女性が二度にわたって証人出廷を拒否した為、審理がストップしている、と言うのだ。

 本件は、昨年7月に川崎市麻生区内の公園で、被害者(統合失調症の知人女性)の髪をつかんで顔面を地面に打ち付け、財布から2千円を奪ったとして、被告が強盗致傷の罪に問われているというもの。

 しかし、被告は公判で「暴行していない。お金は被害者からもらった」と述べ、起訴事実を全面的に否認。
 それを受けて9日に予定されていた証人尋問は、被害者が検察官や家族の説得にも応じず出廷を拒否した為に急遽中止となり、裁判所は11日に再度尋問する予定を立てたものの、被害者はそれも拒否。つまり、「唯一の証拠」ともなっている被害者の証言が得られないままになっている、という訳だ。

 裁判所は一応、15日にも期日を設定して証人尋問を行う構えを示しているが、被害者がそれに応じる可能性は低く、このまま結審を迎える公算が大きい。
 仮に被害者が15日に出廷して被害内容を証言したとしても、信用性は極めて低いと言わざるを得ず、検察側は15日の時点で「無罪論告」を含めた重大な決断を迫られそうな雰囲気もある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不可解な「出廷拒否」? [横浜地裁 平成28年(わ)第1521号] 地裁の小窓 ー傍聴最前線ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる