地裁の小窓 ー傍聴最前線ー

アクセスカウンタ

zoom RSS 検察審査会の議決要旨(申立)第5号 (職権)第2号、同第3号

<<   作成日時 : 2017/04/29 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・・・本件は、筆者にとっては強く印象に残っている事件の一つである。下記のリンクをご覧戴ければ分かる通り、本件は道交法違反のみで起訴されたものの、医師の鑑定結果が“決定打”となり、被告に対して無罪が言い渡されている。
  【本欄過去記事→http://0-3459.at.webry.info/201203/article_11.html

-------------------------------------------------------------

    平成28年横浜第二検察審査会(申立)第5号 (職権)第2号、同第3号

申立書記載罪名:自動車運転過失致死
検察官裁定罪名:自動車運転過失致死
議決年月日:平成29年4月11日

*議決要旨:  
 上記被疑者に対する自動車運転過失致死被疑事件(横浜地検 平成21年検第303988号、同平成26年検第300946号、同平成28年検第310506号)につき、(1)平成21年12月24日並びに(2)平成26年3月26日及び(3)平成28年12月12日 上記各検察官がした各不起訴処分の当否に関し、当検察審査会は、上記申立人の申し立て及び職権により審査を行い、次のとおり議決する。

*議決の趣旨:本件各不起訴処分は、いずれも不当である。

*議決の理由
1.要旨
 被疑者は、平成21年9月1日、普通乗用自動車を運転し、横浜市内の道路を時速約50キロメートルで進行するに当たり、前方左右を注視し、道路の安全を確認して進行すべき自動車運転上の注意義務があるのにこれを怠り、前方左右を注視せず、道路の安全確認不十分のまま漫然前記時速で進行した過失により、進路前方から対向直進してきた被害者運転の自転車に自車前部を衝突させて同自転車もろとも同人を転倒させ、よって、同人に頭部外傷等の傷害を負わせ、同月20日、同市内の病院において、同人を同傷害に基づく原因により死亡させた。

2.検察審査会の判断
 当検察審査会は、各検察官がした不起訴処分(嫌疑不十分)はいずれも不当と判断する理由は、以下のとおりである。

(1)被害者との衝突が避けられなかったとしても、直前のハンドル操作及びブレーキ操作などの回避行動を行うことにより、事故結果について軽減又は回避することが可能であったかどうかについて検討が必要である。
(2)事故現場付近道路の防犯カメラなどの設置の有無及びその記録の解析、事故発生場所に駐車していた自動車運転者の証言のさらなる取調べを行うなど、事故及び事故直前の状況についての捜査が足りていない。
(3)通常人が自動車を運転し駐車車両側面を通過するときには、駐車車両の陰から人等が出てくるかなど安全に通過できるかを予測し、駐車車両との間隔に注意を払い、場合によっては速度を落としたり、車線を変更するなどの方法をとるところ、被疑者は事故前から道路左側を沿うように間隔を空けずに走行し、事故直前の駐車車両右側面を通過した時も駐車車両との車間を空けずに走行するなど通常ではとらない走行を行っており、この点において事故発生場所近辺における注意義務を欠いており、駐車車両の側面を通過する被疑者車両の走行経路によっては、被害者との衝突の回避又は衝突における衝撃の軽減の可能性を否定できない。
(4)事故直前の被疑者の走行経路は、事故現場直前の丁字路交差点歩道から車道に出た走行経路と、車道を直進してきた走行経路の二通りが考えられるところ、検察官の検討では、被疑者にとって有利な直前の丁字路交差点歩道から車道に出た走行経路を選択しているが、被疑者が第1車線上を直進してきた可能性についてさらに検討を尽くす必要がある。

 以上のように、本件は事故発生直前の状況に多くの不明な点があるが、嫌疑不十分により不起訴とするには、事故発生状況の事実確認に十分な捜査が尽くされていないと考えるので、再度検討を要するものと認め、上記趣旨のとおり議決する。

平成29年4月25日

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
検察審査会の議決要旨(申立)第5号 (職権)第2号、同第3号 地裁の小窓 ー傍聴最前線ー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる